Gareth Davis & Machinefabriek / Shroud Lines

■タイトル : Shroud Lines
■アーティスト :Gareth Davis & Machinefabriek
■発売日 : 2016年6月15日(水)
■発売元 : White Paddy Mountain
■商品番号 : WPMC034
■価格 : 2,000(本体価格)+ 税
■バーコード :4941135980668



ブライアン・イーノのアンビエントシリーズ4『On Land』と近似する異空間環境音楽の傑作!!
静謐なバス・クラリネットと電子音のレイヤーが織りなすアンビエント以後の世界!!

Gareth DavisとMachinefabriekは2009年よりHome Normal、Sonic Pieces, Dekorderといった名門レーベルからコラボレーションアルバムを発表してきました。彼等の最新作‘Shroud Lines’が2016年、White Paddy Mountainよりリリースされます。‘Shroud Lines’は二日間のスタジオでのインプロヴィゼーションの録音から編集されて制作されています。Gareth Davisの完璧なバス・クラリネットの演奏にMachinefabriekのエレクトロニクスが完全に溶け込みます。現在進行形の室内楽を思わせる内容で、ポスト・インプロヴィゼーション、ポスト・クラシカル、アンビエントといったジャンルのまさに中心に位置するような、ヨーロッパの知性主義的な伝統を強く感じさせる内容となっております。時に荘厳な雰囲気とともに息も詰まるようなクラリネットと電子音の濃密なコンビネーションが彼等のコラボレーションの成熟を示していると言えそうです。


Track List

1.Opening
2.Prelude
3.Intermezzo
4.Development
5.Segue
6.Theme Part I
7.Recapitulation
8.Theme Part II
9.Closing
10.Epilogue


Gareth Davis


ギャレス・デイビスはクラリネット奏者である。7年間の音楽教育の後、古典協奏曲や、ベルンハルト・ラング、ペーター・アブリンガー、ジョナサン・ハーヴェイ、細川俊夫、と言った現代音楽作曲家の作品などのパフォーマンスや録音を行う。またノイズヤエレクトロニクス系の音楽家とのコラボレーションも多く、メルツバウ、エリオット・シャープ,スキャナ、マシーンファブリック等と作品を発表している。またヴォーカルグループ
Neue Vocalsolistenともコラボレーションしている。

Machinefabriek

1978年、オランダ生まれ。幼少期にピアノやギターなどの教育を受けるが、音楽の道には進まずにアートアカデミーでグラフィックを勉強する道に行く。2004年に彼の音楽キャリアはスタートするが、それはグラフィックデザイナーとしてのキャリアと同時である。 以降、数々の作品をリリースしコラボレーションも盛んに行い、Peter Broderick,や Frans de Waard,Steve Rodenなど人気アーティストとも作品を残している。また、日本人実験映画作家の牧野貴の作品へも参加している。


Gareth Davis : Bass Clarinet
Rytger Zuydervelt : Electronics

Recoeded at Studio Loos, The Hague(NL) June 10/11 2015

Recoeded and Mixed by Gareth Davis
Edited by Machinefabriek
Mastered by Chihei Hatakeyama

¥ 2,160

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。