Antonymes / (For Now We See) Through A Glass Dimly

■タイトル : (For Now We See) Through A Glass Dimly
■アーティスト :Antonymes
■発売日 : 2016年11月9日(水)
■発売元 : White Paddy Mountain
■商品番号 : WPMC038
■価格 : 2,000(本体価格)+ 税
■バーコード :4941135980705

“あまりにも、あまりにもエレガントで美しきアルバムだ”
Mary Anne Hobbs (BBC Radio 6 Music)

"本当に驚くべき、魂の残響、そして壮大な瞑想ともいうべき完璧な音楽"
Adam Walton (BBC Radio Wales)

“彼のディスコグラフィーの中で、もっともゴージャスなアルバム.”
Norman Records (UK)

エレガントなピアノを中心に、オーケストラルな弦楽器とヴォーカルをフィーチャーしたポスト・クラシカルの決定盤!

イギリス人の作曲家のAntonymesこと、Ian M. Hazeldineの新作、『 (For Now We See) Through A Glass Dimly』はピアノや弦楽器、声を使い、暖かで、壮麗な気品を伴った魂の残響とも言うべき美しいアルバムとなった。幽玄な世界を描写する10曲の魔法のような楽曲は感性を揺さぶるシェイクスピアやジェイムズ・ジョイスなどイギリス文学の伝統を思わせる。最小限の音を使ったAntonymesのメランコリックなピアノのプレイは繊細な物語を一つずつ丁寧に織り込む。Antonymes本人は『巧妙なミニマリズムをプレイする事は、人生の肯定するための何か、例えば、超越的で、審美的な憂鬱をもたらす。』とこの作品について語る。数学的なまでに美しい音の配列を伴った、エレガントで奇跡的なポスト・クラシカルの決定盤がここに登場した。


Track List

1 The Lure Of The Land
2 Elegy (ii)
3 Towards Tragedy And Dissolution
4 Delicate Power
5 Elegy (iv)
6 Fatal Ambition
7 A Sadder Light Than Waning Moon
8 Sixteen Zero Six Fifteen
9 Little Emblems Of Eternity
10 Through A Glass Dimly


profile Antonymes

Antonymesこと、Ian M. Hazeldineはイギリス人の作曲家であり、音楽家。これまでCathedral Transmissions、hibernate、Hidden Shoal Recordingsといったレーベルからリリースを重ねてきた。Antonymesの音楽はアンビエントミュージックの調整と消失、そしてミニマリズムへの耐久や固執といった要素から成り立っています。あるいはポストクラジカルとアンビエントの狭間、現代音楽のジャンルとしてのミニマリズムと言ってもいいかもしれません。例えれるなら、ハロルド・バットの深淵なリリカリズム、モートン・フェルドマンの静けさを合わせ持つ音楽性。また、彼の音楽は明確な音楽的な技術に裏打ちされつつ、同じような場所に留まらず、自由に、まるで幽霊のような印象で立ち表れます。

¥ 2,160

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。