Chihei Hatakeyama / Variations

これまでの私のいくつかの作品では
視覚的なイメージを導入する事もあったのですが、
この作品では視覚的なイメージや、物語は意識せずに
制作方法自体をテーマにしました。
録音したエレクトリックギターやビブラフォンを
原型がなくなるまで加工して、
そのサウンドファイルを使って
ReaktorやMax/MSPで作曲するのがいつもの私の制作方法ですが、
今回はその行為は何を意味するのか
また、加工されたサウンドファイルは何なのか考えてみました。

加工されたサウンドファイルはそこからまた変形され
曲として、形をかえて現出します。
私はその事からサウンドファイルを例えば、
『水』のようなものとして考えてみました。
『水』はそこから様々なものに変化していくので
私にとってのサウンドファイルと
共通するような存在に思えたのです。
しかし、この『水』は抽象的な概念でありまして、
曲の中に水のイメージがないとも言えないのですが、
水のイメージをテーマとしたアルバムではありませんので、
アルバムタイトルとしては相応しくないと考えました。

そこでラップトップの演奏について考えてみました。
今回のアルバムの制作時期は2008年ですが、
この頃から私はMIDIを使って作曲することを一切やめ、
サウンドファイルをReaktorやMax/MSPで即興で演奏した後に
編集する制作手法にシフトしました。
その演奏行為を通じて、私は一つのサウンドファイルに
無限を感じました。
電気信号でしかない音の中に少しの操作で
無数の倍音が重なりがうっすらとしたメロディが生まれてくる。
そんな事を考えていたらサウンドファイルの変奏曲というタイトルが
頭に浮かんできました。
そこで、今回のアルバムタイトルは『変奏曲』という風にしました。

畠山地平


発売日 : 2010年
label : Soundscaping Records

送料込み

収録曲

1 Variation For Electric Guitar I
2 Variation For Piano I
3 Variation For Electric Guitar II
4 Variation For Piano II
5 Variation For Electric Guitar And Vibraphone
6 Variation For Piano III

¥ 1,944

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。